Posted on

相続税について日頃から勉強しておこう

身近な人の死亡後、相続の対象になる人もいるでしょう。
また、「終活」を意識する人が増えてきたいま、「相続」について話し合うのも不自然ではなくなってきました。
自分が相続できる財産は個々によって異なります。
相続の順位や法定相続分などがありますが、さまざまなケースが考えられるからです。
しかし、最低限のことは学んでおいたほうがよいかもしれません。
被相続人が亡くなると、相続税申告・納付期限(10カ月)までのカウントダウンが開始されます。
特に、相続放棄や限定承認を選ぶときは、3カ月以内の手続きが必要なことを知っておきましょう。
ちなみに、相続放棄はすべての財産を放棄する方法で、借金の返済義務を逃れることもできます。
また、限定承認は相続財産を責任の限度として相続する方法ですが、こちらは手続きが煩雑といわれています。
もし、3カ月以内にそれらの手続きをしない場合は「単純承認」となり、借金も含めて、すべての財産を引き継ぐ形になります。
テレビなど被相続人の財産を処分したときも単純承認になるため、注意が必要です。
相続はいつ訪れるかわかりません。
そのときに慌てないためにも、日頃から積極的に勉強しておきましょう。