Posted on

留学したからこそ、日本の良さがわかったみたい!

妹が留学先から帰国してきました!
妹は昔からスケールが大きな子で、よく言えば大らかで悪く言えば空気読めない子。
そんな妹だから海外暮らしは性に合っていたようでした。

でも、帰ってきた妹は以前と少し違っていました。
なんか優しくなったと言うか、繊細になった?
空気が読めるようになったんですよね。

聞いてみたら、海外で生活して日本人の忖度できるところを再確認したんだそうです。
例えば、自分が道をふさいでいても人が通ろうとするそぶりをみせたら気を利かして道を開けるのが日本人です。
気が付かなくても「そこ通ります」と言われたら道を開けますよね。

でも、妹が暮らした国ではそういうの絶対にないんだそう。
「そこ通ります」と言っただけでも「だから?」で、ちゃんと「そこをどいてください」って言わないと伝わらないんだって。
それで向こうが気を悪くするわけじゃないけど、こっちが気を使っちゃうんだそうです。
それを体感して、妹は空気を読むことの大切さがわかったみたい。
留学して日本の良さを知る、そういうこともあるんですね!
妹にとってはすごく良い経験だったと思います。