Posted on

医療費はまとめておくべき理由

一年間の終わりに、そして確定申告の時期になると忙しくなります。
自営業や自分で確定申告をする必要がある人ならなおさらそうではないでしょうか?

一年間で支払った医療費は医療費控除で申告することが出来ますね。
意外と治療費は年間で計算すると高額になっている可能性があります。
知っておきたいのは一年で支払った治療費が10万円を超える場合には医療費控除を申告することが出来るということです。
1月1日から12月31日までの間に支払った額が10万を超えているのであれば、ぜひ申告して医療費控除を受けたいですね。
もし申告し忘れていたとしても、5年前までさかのぼって医療費控除を受けることが出来ます。

申告の際には書類が必要になるので、医療機関から受け取った領収書や通院の際にかかった費用の領収書などは大切に保管しておく必要があります。

一年間に払った医療費には審美治療の費用と通院のための交通費が医療費控除の対象になっています。
これらの中にマイカーでの通院にかかったガソリン代は含まれていないので注意が必要です。

それでもすべて合わせて一年間で10万円以上なら、該当する可能性が高くなるのでまずは領収証をまとめておきましょう。